教育情報

学習・教育目標

機械システム工学科の教育理念

機械システム工学科では、機械システム工学に関する確かな基礎学力と幅広い視野、豊かなコミュニケーション能力を有し、循環型社会の構築に貢献する機械技術者の育成を目指しています。その達成のため、全学的に実施されている教養教育やキャリア形成教育、環境リテラシー教育と密に連係した、幅広く、かつ体系的な教育課程を編成しています。さらに、グループで課題に取り組む授業や教員の指導の下に進める卒業研究等を通じて、豊かな人間性を育み、課題探求能力を向上させることにも注力しています。

機械システム工学科の学習・教育目標

(A) 確かな基礎学力を有する人材の育成

  1. 機械システム工学で用いられる理論式・実験式の基礎となる数学・物理を学習し、数学公式および物理法則を理解できること。
  2. コンピュータリテラシーを学習し、情報収集、情報処理、プログラミングができること。
  3. 製図法を学習し、平面図、立体図の読取、機械部品の表現ができること。
  4. 物理実験、化学実験を通じ、基礎実験手法を学習し、誤差を理解し、実験結果をまとめられること。
  5. 技術者倫理に関する規程(例えば日本機械学会倫理規定)を理解し、倫理的・専門的責 任を自覚できること。

(B) 循環型社会の構築に貢献する機械技術者の育成

  1. 機械工ネルギーに関する理論を学び、演習を通じて着実に理解し、熱流体機械に応用できること。
  2. 設計に関する理論を学び、演習を通じて着実に理解し、強度、環境、生産を考慮した機械の設計ができること。
  3. 材料、加工に関する理論を学び、演習を通じて着実に理解し、材料や加工法を機械に応用できること。
  4. 機械の設計や製作にあたって、環境を考慮した評価が行えること。
  5. 実験・解析を行える能力を身につけ、結果の解釈およびモデル化、研究計画の立案と実施が行えること。

(C) 幅広い視野と豊かなコミュニケーション能力を有する人材の育成

  1. 人間・文化・社会・環境について理解を深め、地球的視点から多面的に物事を考えられること。
  2. 日本語による発表と討論ができ、英語による要旨説明ができること。
  3. 地域社会との繋がりを理解し、機械システム工学を通じて、地域に貢献しようと意識できること。

科目間系統図(専門基礎科目・専門共通科目・専門科目・キャリア形成科目)

PAGE TOP