• HOME
  • 進路・OB/OGの声

進路・OB/OGの声

進路状況について

就職状況(平成27・28年度)

卒業生の主な就職先

富山県内

[学部]アイシン軽金属、アイシン新和、川田工業、黒田化学、コマツNTC、サンエツ金属、三協立山、スギノマシン、タカノギケン、富山村田製作所、北陸電気工業、YKK など
[院]コーセル、コマツNTC、不二越、YKK など

富山県外

[学部]アイシン・エーアイ、岐阜車体工業、シロキ工業、スズキ、セーレン、大豊工業、日東電工、日立住友重機械建機クレーン、三井金属エンジニアリング など
[院]アイシン・エィ・ダブリュ、OSG、ジェイテクト、セイコーエプソン、大同工業、東海旅客鉄道、東レエンジニアリング、豊田合成、日産化学工業、パナソニック、日立国際電気、三井金属エンジニアリング など

卒業生リポート

森瀬 拓也さん

株式会社小松製作所 粟津工場勤務
機械システム工学科(熱流体力学講座)卒業
富山県立砺波工業高等学校出身

コマツは、建設・鉱山機械分野を中心に、ユーティリティ(小型機械)、林業機械、産業機械など、幅広い機械を製造している会社です。私は油圧ショベル・ブルドーザーなどの履帯の建機の設計を担当しています。

小学校の時から働く車が好きで、コマツに絶対に入りたいと考えていました。富山県立大学では1年生の頃から就職に関する科目があり、模擬面接やエントリーシートの添削など、就職活動を始める前から実践的な体験をし、継続していくことで就職活動に臨むことができます。

大学での学びがすぐに社会に出て使えるかというとそうではなく、仕事に慣れ自分の仕事を持てるようになって初めて、大学の学びを実感することの方が多いと思います。勉強や研究も大切ですが、サークル活動をはじめ学校行事などに参加し、充実した生活を送ることも大切です。サークルには、先輩、後輩や中には大学の枠をも超えて交流できるものがあります。そうした交流の中での様々な人とのコミュニケーションも、社会に出てとても役に立ちますので、ぜひいろいろな経験をしてください。

PAGE TOP